「みずたまのポルカ」 2021年5月発売
   
  
縫って、時間を、彩る。
「縫い絵」という手法で作品を制作をしています。
柔らかい糸、キラキラな糸、古い布や外国からやってきた布、ビーズやリボンやボタンたち。
私にとってそれらは絵の具であり、糸ひとつボタンひとつの中にすでに宿っている物語も感じられ、ひと針ひと針、新たな物語を紡いでいくように作品を作っているのです。

この作品は、ワンピースのみずたまたちの小さな冒険を描いた物語です。縫い絵の手法で描いていますが今回は糸=刺繍表現が多めの仕上がりとなっていることから、色糸で綴じた本に仕上げました。印刷製本を長野県松本市の藤原印刷さんにお願いし、プリンティングディレクターの方やスタッフの方と作風の方向性を共有しながら立ち合いをさせていただき、大切に作り上げた縫い絵の作品集になります。



 
「みずたまのポルカ」(べつばら出版 2021年5月発売)
著者、縫い絵制作:大島亜佐子
写真:奥川純一
印刷製本:藤原印刷
仕様:色ミシン糸中綴じ、判型210x130、オールカラー28頁 
価格:1500円+税

*「縫い絵®」は大島亜佐子の登録商標です

〜〜〜お取り扱い店舗〜〜〜
*お取引が決まり次第こちらに徐々に明記していきます
*随時発送していきますので、店頭に並ぶタイミングなどは各店舗様に
直接お問い合わせいただいた方が良いかと思います。

・451Books(岡山)
・青と夜ノ空(東京・webshop)
・itoito(奈良)
・文盛堂書店(静岡)
・本屋ウニとスカッシュ(長崎)
・六日町ナマケモノ書店(宮城)
・アトリエロッタ(香川)
・スタンダードブックストア(大阪)
・なタ書(香川)
・本の轍(愛媛)
・ひばりbooks(静岡)
・自由港書店(兵庫)
・甘茶書店(広島)
・1003センサン(兵庫)
・広島蔦屋書店(広島)
・栞日(長野)
・dilettante cafe and waltz(静岡)
・ジュンク堂池袋本店(東京)
・基地tshigoto(静岡)
・とほん(奈良)
・無用之用(東京)
・ブックスはせがわ(新潟)
・本喫茶わかば(神奈川)
・ピカレスクギャラリー(東京)
・本ひとしずく(愛知)
・ブックスはせがわ(新潟)
・甘夏書店(東京)
・hokabooks(京都)
・本のお店スタントン(大阪)
・雑貨と本gururi(東京)




©2021 Asako Ohhsima All Right Reserved.